ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.11.15 01:00

大統領制という災厄

天皇・皇室の存在を否定するというのは、具体的に何を意味するか。

わが国が共和制に移るということ。

恐らく「大統領」制を採用することになろう。

だが歴史も国民性も異なる他国はともかく、
それが日本にマッチするのかどうか。

漠然と、国のトップは世襲の君主より、
自分たちが選挙で決めた大統領の方が断然、良いはずだと
考えている人がいるかも知れない。

でも建国以来、大統領制を採用し続けて来たアメリカでさえ、
今回の選挙後の様子などを見ると、それがかなりリスキーな制度と
分かる。

元々あったアメリカ社会の分断を、選挙“そのもの”が一層、
悪化させてしまった。

あるいは韓国の朴大統領を取り巻く状況。

国家元首らしい威厳や権威は欠片(かけら)もない。

かの国では、歴代の大統領が必ずこうした、惨めな窮状に陥っている。

そうした事例を眺めると、大統領制も手放しでは讚美出来ない。

むしろ、わが国に皇室があって良かった改めてと感じる人も、
少なくないだろう。

そもそも、選挙に“勝って”その地位を得た指導者は、
国内の半分ないし4分の3位の“敵”
を抱え込むのを、
「構造的」に殆ど避けられない。

わが皇室の場合、否定的な人々は長年にわた
って、
1割ないしその半分にも満たない。

少なくともわが国において、
国民統合の中心としてどちらが
望ましいか、
改めて述べるまでもあるまい。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ