ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.11.17 03:41政治

権力が沖縄に放つ「土人」は差別である


産経新聞の阿比留瑠比が『「土人」は「差別」なのか』という

文章を書いているが、言葉を沖縄の歴史の文脈から切り離して

論じても無効である。

実にネトウヨ的だ。

 

「土人」という言葉自体が「言葉狩り」されているのは、

わしも不満に感じていて、『ジャパニーズ土人くん』という

漫画を描きたいが、自主規制で否定されるので断念せざるを

得なかった。

わしの発想は日本の特定の地域を侮蔑するためのものではない。

 

だが、沖縄県民に対して、「土人」と罵倒するのは、沖縄の

歴史の文脈からして差別である。

これを差別でないと強弁するのは沖縄に対する無知が原因

である。

間違いなく沖縄人は本土に差別されてきた歴史がある。

言われた相手がどう思うかが分からないなら、人間として

未熟としか言いようがない。

 

しかも「立場」を考えなければならない。

機動隊は権力の側にいる。マックス・ウェーバーの言う

「暴力装置」そのものなのだ。

民衆がどんな罵倒を投げつけても、いざとなれば暴力で排除

することが出来る。

民衆の側からは、しょせん暴力で負けるのだから、罵倒しか

攻撃方法がない。

 

プロ左翼が罵倒したからといって、権力側の「沖縄人を差別

して、侮蔑するために使用した『土人』という言葉」が

相対化されるものではない。

沖縄も日本だと思うなら、沖縄の歴史を勉強して発言しなさい。

ネトウヨには知識もなければ、心もない。

産経新聞の記者もよく似た傾向にある。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ