ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.11.20 12:24経済

自由貿易で経済成長なんかできない


安倍首相がペルーのリマで開幕したAPECで、

「(経済発展や貧富の格差の解消には)開かれた市場と

経済成長の実現が不可欠だ」と言ってるらしい。

首脳会議では保護主義に対抗し、自由貿易体制による

「開かれた経済」を堅持する重要性を確認する見通し

という。

「自由貿易が貧富の格差を広げているとの誤解を解くべきだ」

なんて、しゃかりきに言っている。

トランプがTPPから離脱しそうだから、ますます熱を帯びて

自由貿易のドグマを宣伝している。

 

自由貿易の有効性の根拠はリカードの「比較優位論」しか

ないが、「イギリスは毛織物、ポルトガルがワインに特化して

分業した方が、両国の生産量も利益も増える」という理屈である。

ところが、そもそもイギリスが毛織物を輸出可能な産業に

まで押し上げたのは国家による「保護貿易」の成果である。

 

今や経済学の趨勢は、自由貿易で経済成長が達成されると

いう説を否定している。

「保護貿易」こそが経済を成長させるのだ。

トランプ周辺の者たちはこのことに気づいたのではないか?

 

トランプはリンカーン以来のアメリカの伝統に立ち返って、

関税で自国の産業を守って、まず内需を活性化させるべく、

公共投資に向かおうとしてるのかもしれない。

日本はすっかり遅れている。

 

自由貿易・グローバリズムは「底辺への競争」になって、

中間層を崩壊させ、格差を極限にまで拡大させる。

どうせ「イラク戦争は失敗する」と忠告しても聞かなかった

日本政府だから、負けるまで自由貿易のドグマに浸りきって

しまうのだろうが、馬鹿は死ななきゃ治らないから、

手の施しようがないのだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ