ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.11.22 04:35皇統問題

野田佳彦幹事長は天皇の立派な「臣下」である


『天皇論 平成29年』のペン入れ続行中である。

 

最近、民主党の野田佳彦幹事長の発言が立派で見直した。

政府の有識者会議は「退位を認めないような発言をする

人たちがいっぱいいる。不思議な現象だ。」と批判した。

 

しかも「象徴天皇としての使命を全身全霊で務められてきた

陛下のお言葉とは全く違う『公務負担軽減』『摂政』などが、

意見聴取する(テーマの)8項目に入っている。」と指摘。

 

さらに野田幹事長はこうも言っている。

「(88日の天皇陛下の)メッセージは内閣の責任で放送

したはずだ。内閣の責任がある(陛下の)お言葉と全く

関係ない、見当違いの項目と、その意に反する発言をする

人を呼び集めるやり方に強い違和感を覚える。国民世論

からどんどんかけ離れていっている。」

見事な批判である。

 

東条英機にしろ、吉田茂にしろ、天皇の「臣下」という

意識は強烈だったが、安倍晋三は天皇を監視下に置いて、

これ以上の「お言葉」を封じ、なんとかして天皇の願う

典範改正を妨げようとする「叛逆総理」と堕している。

 

そしてトランプが大統領選を制するや否や、大慌てで

馳せ参じてトランプ一家にお目通りを願う。

安倍晋三はアメリカの「臣下」なのだ。

トランプの意見よりも、天皇陛下の意見を聞け!

「叛逆総理」め!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ