ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.11.23 01:00

日本世論調査会「生前退位を可能に」89%

今回の「生前退位」の制度化を巡る、何人かの「識者」のレベルの
低さは殆ど絶望的。

だが一方、圧倒的多数の国民の受け止め方は至って健全だ。

日本世論調査会が11月5・6両日に実施した「皇室」
に関する
全国面接世論調査の結果は以下の通り。

生前退位をできるようにした方がよい。
89%。

現行制度のままでよい。
9%。

(生前退位は)今後の全ての天皇を対象にした方がよい。
70%。
今の天皇陛下に限った方がよい。
26%。

今の有識者会議で女性・女系天皇や女性宮家についても
議論した方がよい。
82%。

女性・女系天皇を容認。
85%。

反対。
10%。

天皇に対して親しみを感じる。
47%(前回の平成24年は57%
)。

すてきだと思う。
20%(前回は13%)。

尊くて恐れ多い。
15%(前回は8%)。

反感。
1%(ほぼ変わらず)。

天皇陛下のお気持ちは明確で、
圧倒的多数の国民も
そのお気持ちに添いたいと願っている。

ところが、政府だけがソッポを向こうとしている。

まことに奇妙な構図だ。

民進党の野田幹事長は11月21日の記者会見で、
有識者会議の論点の設定の仕方を
本質からあえてずらそうとしている」と批判。

ヒアリング対象の人選
ても
「退位を認めないような発言をする人が、いっぱいいます」
(陛下の)意に反する人たちを呼び集めるというやり方に、
強い違和感を感じます」
「国民世論からかけ離れている」
と。

極めて全うな批判だろう。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ