ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.11.26 12:38日々の出来事

今のうちに自由貿易の罠を知らねばならない。


TPPについての勉強をしている。

トランプはすでに脱退を表明したが、それでも安倍政権は

TPP関連法案に固執して、衆議院本会議を通過させて

しまっている。

 

こうまで政府がTPPにこだわるのは「TPP対策費」が

平成28年度には5000億円規模に膨れ上がり、すでに

TPP利権」が出来ているかららしい。

農家向けの選挙対策費にバラまかれるカネなのだ。

この利権に関わる者たちはなんとしても年内のTPP批准に

こだわるわけだ。

 

トランプはYouTubeの動画でTPP離脱を表明した。

だが安心はできない。

副大統領のマイク・ペインが自由貿易推進主義者だからだ。

TPPの再交渉を表明するかもしれないし、日米だけの

FTA交渉を求めてくるかもしれない。

FTA交渉ではアメリカはもっと厳しい要求をしてくるだろう。

 

本当はアメリカ国内の労働者も自由貿易を望んではいない。

食うか食われるかの競争をして、結局、富を収奪するのは

大企業だけで、格差がもっと拡大するだけなのだから。

 

日本国民のほとんどはTPPの合意文書の内容を知らない。

そもそも政府はこの文書をほとんど黒塗りで提出しているから、

完全には分かりようがないのだ。

ようするに政府は合意条件を国民に知られる前に、さっさと

TPPを締結してしまえと思っているのだ。

 

トランプは来年、果たしてTPP再交渉を言って来るか、

FTAを言って来るか、全く分からない。

だが時間の余裕は出来たと言える。

今後、現在のTPPの内容をなるべく国民に知らせていって、

自由貿易というものの恐ろしさを認識してもらわねばならない。

よってライジングでは毎回、少しづつこれを知らせていく

『ゴー宣』を書いていく。

それをさらに多くの人々に警告する方法も考えていこう。

 

自由貿易・グローバリズムは決して弱者の底上げにはならない。

ひたすら格差を拡げ、中間層が崩壊し、地域の共同体が消滅して、

国家を衰退させていくことになる。

実は国会議員ですら、現在のTPPの条件を知らないままだ。

国民はこの恐ろしさに気づかねばならない。

国会議員はほとんどが馬鹿であり、勉強をしない連中なのだ。

国民が気づかねば、政府に騙されるだけである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ