ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.12.3 03:09皇統問題

元内閣法制局参事官の見解は見事なり


元内閣法制局参事官の鎮西廸雄氏が「天皇の退位」に

ついて、立派なことを言っている。

この問題で立派だと褒める人物はなかなかいないのだが、

鎮西氏は「特例法対応は憲法違反」だと断言している。

 

憲法第2条の意味は、「天皇の退位は、皇室典範の改正に

よってのみ可能なのであって」、特例法では明白な憲法違反

であり、「議論の余地はない」としている。

 

鎮西氏は言う。

「憲法で、下位法令を固有名詞で引用するのは極めて

異例だ」と。

なるほど――――!

思わず唸った。

 

「このように自明なことがなぜ政府内でチェックされて

いないのか」と鎮西氏は言い、「憲法と皇室典範の特別な

関係への無理解がある」と述べている。

皇室典範の改正以外の選択肢はないのだ。

 

最後に鎮西氏は言う。

8月のお言葉での退位の意向に、「圧倒的多数の国民が

共感し、天皇のお気持ちに沿った対応を望んでいることは

疑いの余地がない。政府及び関係者のとるべき対応の方向は、

この一点につきると考える」

 

こういう良識ある本物の有識者の声は、政府に反映されない

のだろうか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ