ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.12.6 01:00

秋篠宮殿下のお苛立ち

秋篠宮殿下のお誕生日に際しての記者会見で、以下のような
質問があった。

「皇族方の減少や高齢化が進むなか…皇室の現状や将来のあり方」
についてどう考えておられるか、と。

皇室自体の存続が危うくなる制度上の欠陥が長年、
放置され
続けて来た点に関わる質問だ。

これに対して
将来的にその時にいる、それから活動できる皇族ができる範囲で
公的な仕事を行っていくと
いうことになる」
とお答えになった。

当然と言えば当然のお答え。

しかし、
「国民が制度上の欠陥を放置したままでいる以上、
これまで通りの
活動を求められても無理」
とのお気持ちが滲んでいる。

そのことは
将来の皇室のあり方というのは、これ自体はやはり制度にも関わる…
ので、
私から将来の在り方ということについてお話をすることは控えた
」とおっしゃった事実からも、窺える。

つまり、「皇室の将来」については一切、ご回答なさらなかったのだ。

これは極力、全ての質問に誠実に答えようとされる殿下のご姿勢
からして、
逆にそれ自体が強いメッセージになっていると理解しな
ければなら
ない。

それは次のようなメッセージだろう。

皇室の将来は制度の在り方によって大きく決定される。

具体的には、今の制度がそのまま放置されたら
「皇族の減少や高齢化」
に歯止めはかからない。

やがては存続自体が不可能になりかねない。

しかし、その制度をどうするかは国政上の案件で、
政治をどう動かすかは専ら国民の責任(!)だよ、と。

はっきり殿下のお苛立ちを拝すべきだろう。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ