ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.12.9 03:27日々の出来事

気になるコメントに応える


ライジングのコメント欄に、こんな意見があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんだろう、自分は前はここまで気にしてなかったのに、

今ではすっかり皇室ファンのおばちゃんみたいになって

しまいました。

やっぱり陛下のお言葉のあと、いろんなお言葉を読む

たびに、「かたじけない!」「ありがたい!」と心から

思うんですよね。

ゴー宣読んでて良かった、天皇論読んでて良かったです。

(おいちゃん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わしもまったく同じです。

昔は全然関心なかったのに、今は女性誌の見出しに

騙されて、いつも買ってしまい、損しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「普遍的なテーマ」ならいいのですが、「緊急の具体的な

課題」について、「意見は正反対だけど議論が成り立つ」

というのは、危険ではないですか?

知識のない第三者には、「両者ともまっとう」に見えて

しまう可能性がある。

(たけちゃん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

重要な指摘です。

両論併記が許される事態ではない。

眞子さま、佳子さまが結婚したら、事実上、皇室は終わり

だと思っていた方がいい。

 

それを男系固執派は狙っているのでしょうが、現実には

「皇族になる男系男子」はいません!

それを受け入れる皇族もいません。

それを受容する国民も男系固執派の数%以外はいません。

だが「SAPIO」は両論併記に見せるつもりでしょう。

 

不思議なことに「HANADA」が男系固執主張を排除して

いますね。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ