ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.12.13 04:59日々の出来事

身分の振り分け制としての受験


わしの感覚から言えば、大学受験は身分の振り分け制度

だと思うから、ほんの一握りの人間が東大・京大などの
頂点身分になれるのであり、東大に行くなら官僚
になって
国を動かさなければ意味がない。

あとの東大・京大生はノーベル賞級の学者にならなければ

意味がない。

 

大学にもランク付けがあるのだろうから、そこで身分は

振り分けられる。

ランク下位の大学に入る者は、どうしたって中間層の下位、

いつでも貧困層に落ちる危険性のある者たちだろう。

 

高卒では転職のときに履歴書ではねられるから、

ランク下位でも一応大学に入りたいのだろう。

 

平成26年には年収300万円以下の人口が全給与所得者の

4割を占めているそうだ。

日本全体が貧しくなっていて、日本の貧困率は世界第4

という。

 

現在は、1%の超富裕層、9%の富裕層、50%の中間層、

40%の貧困層のどこに入るかという競争になっているの

だろう。

昔は中間層が80%くらいいたのだろうが、今は非正規が

4割だから、暮らしが安定しない時代になっているのは

間違いない。

 

一般庶民の母親は、自分の子供を50%の中間層に入れたい

のである。

40%の貧困層に入れたくないから必死なのだ。

貧困は親から子へ連鎖するから、無理をして子供を塾に

通わせている。

 

中卒・高卒で職人として安定した暮らしができる者は、

わしから見れば大したものだと称賛したくなる。

誰もが低学歴で職人になって中間層に入れたら、そんな

嬉しいことはない。

 

そもそもほとんどの人間が、中学でも高校でも大学でも、

何をしたいか分からない、特技もなければ、好きなことも

なければ、何になりたいかも分からない。

そんなものだろう。

ただ平凡な暮らしがしたいだけだ。

結婚して、子を産んで、家族を作って、平凡に暮らしたいと

いうのが大多数だと思う。

人生の目標が小・中学生の段階で決まっている子供は恵まれ

ているが、そうでない者が大半だから難しい。

 

それを「何にでもなれるから大学に行かなくてもいい」と

言うのは「勝者の放言」になる。

 

大学の無償化がいいのか、返済不要の奨学金がいいのか、

まだ考え中で分からない。

ただ、そんなに税金をつぎ込むことが出来ないのは確か

である。

タダで大学に進学したとしても、どうせ身分の振り分け

からは逃げられない。

 

中間層が崩壊したのはなぜか?

全体として日本社会が貧困化し、6人に1人の子供が、

3食きちんと食べられない社会になったのはなぜか?

それを考えなければ仕方がない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ