ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.12.20 03:58政治

「お花畑」の国賊政権を糾弾する


これほど明白な日ロ領土交渉の失敗にも関わらず、マスコミの

安倍政権への批判が手ぬるい。

それはもちろんマスコミが安倍政権に手なずけられてしまって

いるからだが、この失敗を糊塗するために、安倍首相自らが

テレビに次々出演し、弁解の限りを尽くしていた。

 

国民は漠然とだが、四島返還どころか、二島返還もないという

ことに気づいてはいるのだろうが、共同経済活動は評価して

いるようだ。

それも「特別な法制下で」など不可能であり、「ロシアの法制下」

だとすでにロシア側は言っており、仮に北方四島での共同経済

活動を進めたら、今以上に住みやすくなった辺境の地に、貧しい

ロシア人の移住が加速度的に進み、ますます領土主権の回復は

ありえないことが確実になっていく。

 

つまりロシアの北方領土の主権を強化するための共同経済活動

なのである。

こんなものを平和条約の締結のために喜ぶ国民の感覚も、

まさに「お花畑」の平和ボケそのものである。

 

そもそも「四島一括返還」が「二島返還」に後退し、さらに

「平和条約締結」が「領土主権の回復」よりも優先される事態

にまで後退している。

どこまでもどこまでも後退して、「領土主権の回復」なしの

「平和条約締結」に至り、北方領土は完全にロシアのものと

いうことになるだろう。

 

今回の安倍晋三の交渉は未来に禍根を残す致命的な失敗であり、

国賊の誹りを免れないほどのものであるにも関わらず、

自称保守側からは徹底批判がない。

 

今朝の産経新聞では袴田茂樹が「何が領土交渉『敗北』を招い

たか」と書いてはいるが、その中で「野党は非難できるか」とか、

安倍首相の「熱意自体は評価すべき」などと生ぬるいことを書いて、

安倍政権を擁護する温情を示している。

その安倍首相の「前のめりの熱意」こそが「敗北」を招いた

のであり、もっとロシアを追い込んで苦境に立たせるくらいの

冷徹さがあった方がいいのだ。

 

安倍首相のプーチンのケツなめ外交は、オバマからも、EUからも、

馬鹿にされる結果を残しただけである。

 

こうしてどこまで失政を積み重ねても、「野党はもっと悪かった」

で免罪する識者・マスコミの姿勢こそが「お花畑」で「情緒的」

で「ナイーブ」なものなのだ。

 

今回の安倍首相の失敗は、鈴木宗男や佐藤優の「ロシアに恋した

知識人」の主張の影響力があるのではないか?

わしはロシア性善説を信用していない。

 

ロシアは日ソ中立条約を一方的に破棄して、815日・日本の

敗戦後も、武装解除した日本軍に襲い掛かった野蛮な国家である。

 

満州では日本女性を強姦しまくり、60万人の日本兵をシベリアに

強制送還して、地獄の強制労働で数万人の死者を出した冷血国家

である。

 

歴史の事実を忘れ果てた馬鹿者が、ロシアと信頼関係を結べると

「お花畑」で手をつなぐ妄想に耽り、「前のめりの熱意」で再び

騙されるのだ。

 

いいかげんにしろ!

国賊政権を他に選択肢がないなどと甘えた言い訳で支持し続ける

のはやめろ!

国を亡ぼす気か!!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ