ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.12.23 01:00

GHQより酷い産経記者

拙著『天皇「生前退位」の真実』の中で
戦後憲法学はGHQより自虐的」という事実を指摘した。

その戦後憲法学の正統を受け継ぐ学者たちでも、
天皇陛下ご自身のご譲位について、ご本人のご意向に配慮すること
さえ、
憲法に抵触するというような極端な解釈はしていない
高橋和之氏、長谷部恭男氏、木村草太氏ら)。

ところが産経新聞はどうか。

エース記者の阿比留瑠比氏は、民進党の論点整理を批判して
堂々とこんなことを書く(
12月22日付)。

「陛下のご意向に寄り添おうという(民進党の)そうした姿勢は…
立憲主義にも反するのではないか」

開いた口が塞がらないとはこのこと。

産経は陛下のお気持ちを蔑ろにすることが「立憲主義」
だと
心得ているようだ。

亡きマッカーサーもびっくりするような暴論だ。

念のために言及しておけば、民進党の論点整理には

「『おことば』は…現行の皇室制度に具体的に触れておらず、
国政不関与を定めた憲法に抵触するものではない。
そのことを確認した上で、一般化した法律論議を行っていくという
考え方に立つべきである」

とも明言している。

阿比留記者は読まずに記事を書いているのか。

それとも読んでも理解できないのか。


憲法が「皇室典範」に拠るべきことを名指ししているのに、
一代限りの特例法でごり押しするやり方こそ、明らかに
立憲主義に反する」。

もはや産経新聞にとって、安倍政権に“忠誠”を尽くす為なら、
陛下のお気持ちも憲法も、
顧みる必要などないのか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ