ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.12.22 07:37日々の出来事

山尾志桜里議員のブログを読め!


民進党の山尾志桜里議員が「皇位継承について善き

公論を」というブログを書いている。

この人は本気だ。

「考えてみてください。今回特例法で対応すれば、

時の天皇陛下の地位が、法律成否の手綱を握る時の政権の

意向に左右される前例を作ることになります。

天皇の地位が時々の政権の影響下におかれてよいとは

思えません。」

全くの正論だ。

天皇を大事に思う者は必ずこのように考えるはずだ。

 

「したがって、時々の政権の影響を極力排除するため、

皇室典範を改正して、恒久的一般的な要件手続きを

定めるべきです。」

見事な尊皇心!

 

「政争の具、政争の具」と連呼して議論を封じようとする

馬鹿は今後も続出することだろう。

国会で議論になると、政府がいかに天皇を蔑ろにして

いるか、国民にバレバレになってしまう。

それを恐れているのだ。

世論など無視しろと産経新聞の記者も書いているが、

とにかく国民の尊皇心に火がつく前に、さっさと終わらせ

たいだけなのだ。

 

国会議員の役割りは熟議である。

 

山尾議員は言う。

「政争の具批判をおそれて、その使命を放棄し、政権与党

と異なる見解を出すことを控えるなら、野党は不要という

ことになります。私は野党議員としての使命を果たしたい。」

 

この山尾議員のブログをぜひ全文、熟読してほしい。

公のために覚悟を固めようとする本物の保守の態度が

見えて、感動するだろう。

 

諸君!山尾志桜里議員を応援しよう。

この議員は「名誉男性」「準男性」ではなく、あくまでも

女性として「公論」のために戦う覚悟を持つ議員だ。

日本のために貴重な人材だぞ!

山尾志桜里議員ブログ
「皇位継承について善き公論を」

https://www.yamaoshiori.jp/blog/2016/12/post-402.html


小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ