ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.1.8 03:07メディア

「つぶやき民主主義」という劣化現象


トランプがツイッターで脈絡なく感情の赴くままに大声で

つぶやく。

するとマスコミが飛びついて、大騒ぎで踊りまくる。

この現象は橋下徹がやってた手法と全く同じだ。

 

人々はなんでこんなにツイッターに夢中なのだろう?

全然分からない。

自分の言葉がなにほどかは公的な意味合いを宿していると

自負するなら、ツイッターで「つぶやき」を乱発するような

下品なマネをするはずがない。

 

「つぶやき」は私的な言葉に過ぎないのであって、公的に

話題にすべきことでもない。
「つぶやき民主主義」に堕した世界は幼稚化するだけ
ではないか。

 

マスコミがトランプや橋下のツイッターを完全無視して、

言いたいことがあれば記者会見を開けと居直れば、

記者の質問を受け付けながら、論理で語るしかなくなる。

 

民主制を正しく機能させたいと思うなら、政治家の発言は

記者会見で、記者との質疑応答込みで発表するのが筋である。

 

ただし、記者の質もその場合、問われるのであって、

マスコミのトップが首相と会食ばかりして、マスコミが

権力の広報係になってるようでは、民主制が正しく機能する

はずがない。

 

マスコミは権力との緊張関係を崩しては存在価値がないのだ。

ネットを含むマスコミが、民主制の質を果てしなく劣化させ

ている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ