ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.1.10 01:15政治

慰安婦少女像の根本原因


韓国の日本大使館前の慰安婦少女像はまだ撤去されていない。

新たに釜山の日本領事館前にも少女像が建てられ、すでに

韓国内のあちこちに40体以上の少女像が建てられていて、

今後も増えていく様子だ。

 

安倍首相は怒って対抗措置を取っているが、もともと去年の

「日韓合意」が大失敗だったということなのだ。

 

この「日韓合意」もアメリカの圧力でやったことであり、

「河野談話」を批判していた安倍政権が、なんと政府の責任

まで認め、「河野談話」より後退してしまったことの愚かさが

今になって明白になってきている。

 

安倍政権は1965「完全かつ最終的に解決した」と記された

日韓基本条約を破棄したことになる。

新たな「日韓合意」で「最終的不可逆的解決」と言い換えて、

さらに今度は国民の税金から10億円を拠出するという最悪の

政策を行なったことが愚の骨頂、馬鹿の極致だった。

 

安倍政権は村山政権ですらやらなかった国費の拠出を行ない、

「河野談話」にすら出てこない政府の責任を認めてしまった。

この世紀の大失敗を擁護する馬鹿保守・国賊ネトウヨがいるが、

腹を斬れと言いたい。

 

このような「お人よし外交」「お花畑外交」が日韓の間で通用

するはずがなかった。

韓国は「事大主義」の国なのだ。

こちらが誠意を見せて謝れば、ますます図に乗って来る国民性

なのだ。

 

「安倍内閣総理大臣は、日本国の総理大臣として改めて、

慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい

傷を負われた全ての人々に対し、心からおわびと反省の気持ち

を表明する」という謝罪の文言がある。

 

日本文ではわからないが、外務省訳の英文では「数多の苦痛」

の「数多」がimmeasurableと訳されている。

これは「計ることが不可能な」という、すさまじい意味合いを

持った単語になっている。

 

また「心身にわたり癒しがたい傷」incurable physical

and psychological woundsである。

これは「治癒することのない身体的、精神的傷を負った」

いうことになる。

 

安倍政権は、ほとんどナチスのホロコーストに使っても

おかしくないような表現による謝罪を世界中に向けて発信し、

国際的な共通認識としてしまったのだ。

 

韓国は条約や契約を守るような国ではない。

そのような国民性も持っていない。

条約や契約は理性の範疇である。

だが韓国は「恨」という感情の文化を優先する国民性なのだ。

 

国民の性質がまったく違うということを前提にしない外交を

やった安倍政権の世紀の失策、それが「日韓合意」だった。

まさに「お人よし外交」「お花畑外交」のうす甘いサヨクに

堕してしまったのが安倍政権である。

これが民進党だったら、自称保守もネトウヨも、盛大に批判し、

大バッシングを行なっただろう。

 

「安倍ちゃんならお花畑でもいいも―――ん」というのが、

自称保守&ネトウヨの阿呆な性質である。

日ロ交渉でも、安倍首相が同様の大失敗をやったことに、

自称保守&ネトウヨどもは気づいてないだろう。

自分たちが「お花畑」のサヨクに堕していることを認めたく

ないだろうが、知能が足りないのだから仕方がない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ