ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.1.11 14:54日々の出来事

信頼できる政治家はいる


泉美さんが喉の風邪?

秘書みなぼんもガラガラ声で寝込んでいる。

最近、そういう風邪が流行っているのか?

 

今日は外出して政治家に会わねばならなかったのだが、

秘書がダウンしたので、笹さんに秘書役を頼んだら、

駆けつけてくれて、議員との対話の目撃者になってくれた。

 

わしが的確に伝えていて、相手の議員が信頼できる人物

だったことは、笹さんに聞けば分かる。

証言してくれるだろう。

 

K議員は今度酒でもと誘ってくれたから、ならばわしが

食事の席を用意しようと思う。

じっくり語り合ってみたい。

 

時間のロスが出て、一時間半も時間を潰さねばならな

かったので、笹さんがいてくれて助かった。

一時間半も一人で時間を潰せない。

笹さんはこの日、ケーキを2個とわしのマカロンも

食った。頼もしい女性だ。

 

今日は一日、「公」のために外出していたので、

自分の創作活動がまったく進まなかった。

けれども「公心」を持つ、信頼のおける議員はいると確信

できたのが収穫だった。

 

まだまだこれからだ。

天皇陛下までを侮辱的に特例法で退位させ、恐いものなし

の独裁政権を続けようと、権力の亡者となったあの男に、

屈する者ばかりではない。

 

「公」のために戦う政治家を発見していく旅を今、続けて

いるが、2月になれば『天皇論 平成29年』も出る!

微温的に独裁を許すマスコミや知識人どもに鉄槌を下す。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ