ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.1.17 05:02日々の出来事

キネマ旬報の結果を見て


キネマ旬報で1位は「この世界の片隅に」で、

2位が「シン・ゴジラ」だという。

「君の名は。」は圏外だったらしい。

 

まさに、やっぱりなという評価である。

評論家は映画を「理屈」で見るのだ。

だが、少年少女や一般庶民は映画を「感覚」で見る。

 

評論家が好む映画には「言葉」や「理屈」がべったり

張り付いている。

だが、庶民が夢中になる映画は「無意識」で何かを

感じているのだが、それを言葉に昇華できない。

 

本当に重要なことは、少年少女の「無意識」が何を受容

しているのかという洞察だ。

大人は少年少女の「無意識」を分析できない。

それは、これからの世界を創造する未来人の「感覚」

だから仕方がないのだ。

 

「この世界の片隅に」は原作を読んでないから、映画と

どんな違いがあるのかが分からない。

だが、玉音放送の後の主人公の絶叫シーンで、評論家は

確実に「反戦平和」を確信して、安心して評価するのだ。

そういう左翼臭は気にいらない。

 

それでも戦時中の生活感を再現してくれた丁寧さは

面白かったので、総じて良質の映画だったなという

感想はある。

 

「シン・ゴジラ」は見てる最中から「理屈」と「言葉」が

溢れ出してきて、童心ではさっぱり見れなかった。

わしはハリウッドの「ゴジラ」や「キングコング」の方が

好きである。童心だけで見れるからだ。

 

本物の知性は少年少女の「無意識」に何が生まれているの

かを洞察できなければならない。

「君の名は。」には現代社会で最も重要なメッセージが

内包されているのだが、理屈好きな大人でさえ、それを

言語化できないほどに娯楽に徹していたから凄いのである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ