ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.1.22 23:39政治

エマニュエル・トッドの見方が正しい


朝日新聞と産経新聞はグローバリズムが好きだ。

弱肉強食で格差を拡大するグローバリズムが大好きだ。

イギリスのEU離脱にも、アメリカのTPP離脱にも、

相当嘆いている。

 

朝日新聞も産経新聞も、グローバリズムで崩壊寸前に

なり、将来不安が増す中間層が、ネトウヨ化し、

下層民や弱者や少数者をヘイトスピーチする状況を

放置したがっている。

 

中間層が崩れることは、資本主義のエンジンを失うこと

なのだが、それに気づきもせず、グローバリズムの継続

を願っている。

 

テレビのコメンテーターたちも、トランプ大統領誕生を

嘆き、ボロクソに言っている。

日曜朝の関口宏が司会の番組は、今までグローバリズムを

批判していたはずなのに、全員でトランプ大統領を貶して

いるから驚いた。

 

「自由」や「平等」の理念をトランプが言わなかったと

誰もが言うが、その「自由」「平等」「民主主義」の理念を

中東に押し付け、イラクを崩壊させ、シリアを無秩序化し、

大量の移民を出した事実をもう忘れたのか?

 

アメリカの「理念」を世界中に押し付けることこそが

帝国主義だったのに、なぜそれを肯定するのか?

アメリカ帝国主義の完成を、そんなに望んでいたのか?

誰もかれもが分裂症だ。

 

エマニュエル・トッドがこう言っている。

「一つの国というより帝国と化した米国に主導された時代、

グローバリゼーションが国を乗り越えるという夢が絶頂に

達し、そして墜落していくのを見た。一つの時代の終わりと、

別の時代の始まりを示している」

この通りじゃないか!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ