ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.1.24 03:44メディア

オリバー・ストーンの見解


オリバー・ストーンがトランプ大統領について

朝日新聞で面白いことを言っている。

ヒラリー・クリントンが大統領になっていたら、

米国による軍事力の介入で他国の体制を変える、

今までの米国と同じ愚挙をやっただろうと言うのだ。

わしもそう思う。

 

トランプはイラク戦争を膨大な資源の無駄だったと批判し、

米国第一主義を唱えているからヒラリーよりは安全と

いうのだ。

 

しかもイスラム国と戦うためロシアと協調するのも

良いことだとオリバー・ストーンは言う。

 

イラクの大量破壊兵器に関するCIAの誤情報にも

触れており、トランプがCIAを信用しないのも理はある。

 

オリバーはリベラルこそが「ものすごい介入主義」だと

断じている。まったく同意する。

 

ただし、一点、オリバーが指摘していないことがある。

トランプはエルサレムを首都と認めてアメリカ大使館を

移すという情報がある。

これをやったら、また中東情勢が悪化して、これに

日本が巻き込まれる恐れがある。

 

なにしろ安倍首相は「日米同盟は不変の原則」と言って

いるから、「尖閣を守ってやるから中東に自衛隊を送れ」

と言われたらやってしまうだろう。

 

日本は自主防衛を進め、対米自立した自主外交をやる

必要があるのだが、わしも安倍政権による憲法改正は

危ういと認めざるを得ないし、また自民党も本音は

その気もないようだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ