ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.1.26 08:30日々の出来事

三浦瑠麗氏は女性宮家の創設を訴える


毎日新聞に三浦瑠麗氏の「皇室の安定考え女性宮家を」

いうインタビュー記事が載っている。

月日が経つごとに、三浦氏の皇室問題に対する意見は明確

になっていく。

この辺が三浦氏の頭脳明晰なところだろう。

 

三浦氏は有識者会議を特例法による一代限りの退位に誘導

しようとしていると批判する。

退位は皇室典範改正によるべきとし、「特別立法による

一代限りの退位は、本来重要な問題である天皇の交代を、

例外的で不安定な状況においてしまう」と言う。

 

「退位につて、その都度議論することを前提にすると、

いろんな思惑が絡み、天皇ご一家の個人的な内情がないが

しろにされかねない」という三浦氏の意見はリベラルの

立場から天皇ご一家の人権に配慮した正論だ。

 

「皇室典範の改正の中身は、天皇の家族で退位を協議して、

皇室会議で認めるという方式を盛り込めばいい。」という

のも三浦氏らしい見解だ。

 

さらに「皇室典範改正では、女性宮家を認めるべきだろう。

また、皇位の男系継承をを保持することには、特に合理性

がない。身分差別を認めておきながら、男性に限るという

必然性はないからだ」と言う。

 

そして「男系継承を維持するため将来、70年以上前に

皇籍離脱した家の人を、男性だから天皇にするのは、

普通に考えて国民の尊敬を集められない」と結んでいる。

 

三浦瑠璃氏はグローバリズムに関する見解が違うが、

敵意を持つような相手ではない。

井上達夫氏にもわしにも、自分と違うところは違うと

主張する論客である。

皇位の問題ではリベラルであるにも関わらず、しっかり

尊皇的な見解を述べてくれる、ありがたい存在である。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ