ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.1.28 14:38芸能など

マーチン・スコセッシ「沈黙―サイレンス」が凄い


今日は一日、外に出ていたから、ブログ書く時間もなかった。

明日は「FLASH」に集中してコンテを完成させる。

 

マーティン・スコセッシの『沈黙―サイレンス―』という

映画がものすごく面白かった。

3時間弱もの時間を、一回も緊張感を途切れさせず、

食い入るように没入して見てしまった。

スコセッシの熟練した力量に感心した。

 

これをアカデミー賞の審査委員が冗長だと感じたというのが

全然分からない。よっぽど馬鹿な連中なのだろう。

 

「信仰」とは何なのかを、とことん突き詰めていくのだが、

「信仰心」と「踏み絵」と「拷問」と「棄教」、この素材が

これほど面白くなるとは。

 

窪塚洋介が「キチジロー」を実に上手く演じていて、

これこそが日本人の一神教の受容スタイルなのだろうと

納得させる、弱くて、滑稽で、哀れで、可笑しい人格なのだ。

 

そして、イッセー尾形の演技が凄すぎる。

知的で老獪な人格を滲み出させる演技が驚異的だ。

日本人の役者の存在感が際立ちすぎるから、アカデミー賞

を受賞できなかったのかもしれない。

 

しかし日本は一神教が根づかない泥沼の風土だというのが

よく分かるし、さぞや宣教師も虚しかったことだろう。

 

映画を見てあらためて思ったのだが、一神教を理解できない

日本人のコンプレックスが、天皇制を「男系ドグマ」に

嵌め込んだ新宗教にでっち上げる者たちを産んだのかも

しれない。

 

男系男子しか天皇にさせないという一派は、実は一神教に

憧れているのだ。

日本とは何かが分かってないのである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ