ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.1.31 12:30政治

トランプ大統領に進言したい


わしはトランプ大統領の「保護主義」は賛成している。

トヨタに対する批判も、経済合理性を超えたパトリオティズム

の視点から合点がいく。

移民や難民の流入に制限をかけるのも、国境が必要な国民国家

の原理から支持する。

 

ただシリア難民だけは受け入れなければおかしい。

なぜならシリアが国家として破たん状態になったのは、

アメリカが民主化勢力に武器を渡して支援したからだ。

その反政府組織の中にはテログループも混じってしまっている。

 

「民主主義」という理念を妄信して、他国に余計な介入をする

アメリカのせいで、シリアから難民が発生しているのだ。

シリア難民を救うのは、アメリカにとって自分の尻ぬぐいだ。

 

それがオバマ前大統領によってなされた失政だとしても、

アメリカという国家の責任はとらなければならない。

トランプ大統領は、そう述べてシリア難民だけは受け入れよ。

きっと評価は上がるから。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ