ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.2.2 23:53日々の出来事

「SAPIO」の記事が劣悪すぎる


今日発売の「SAPIO」の特集記事のタイトルは

「安倍首相は天皇陛下の逆賊か」である。

タイトルは大変良い。

 

皇族になる男系男子がいるのかどうかを巡って、

わしが八木秀次と激突している。

これは政治家の全部が見てほしい。

マスコミ関係者も全員見てほしい。

八木の言うことが信じられるかどうか?

まさに皇統の危機を防げるのかどうか?重大な問題である。

 

ただし、生前退位に関する他の記事の質は恐ろしく劣悪で

ある!

もちろん高森明勅氏の文章を除いて。

 

山口敬之の記事は憲法4条の解釈が間違っているし、

野田幹事長に対する悪意ある憶測はネトウヨ並みのレベル

である。

「韓国ファクター」というのが完全に陰謀論!

安倍政権やネトウヨへの応援にしかなっていない。

この男、逆賊である!

 

「今上天皇譲位後の新皇室」の図解が載っているが、

愛子さまの皇位継承順位が間違っている!

こんなものを間違うなんてどういう神経か?

 

東谷暁がまた酷い!

天皇の「ご意向」発表がクーデターだというのだ。

気が狂っているとしか思えない。

編集部もよくこんなイカれた記事を載せたものだ。

これもまた「お言葉」が憲法違反という極左並みの天皇封じ

込め理論に基づいている。

 

さらに古谷経衝の「民進党バッシング記事」は完全に

ネトウヨ文章だ。

この男は最近、少しはいいこと言うようになってきたかと

期待していたのだが、これで完全に見損なった。

SAPIO」編集部に頼まれて、タイトルの強烈さを薄める

記事を書いたのではないか?

編集部も安倍信者から見放されないように、巧妙な手口を

取るものだ。

 

ここまで民進党が邪推されるなら、この際はっきり言って

おこう。

民進党を動かしたのは、倉持麟太郎、高森明勅、そして

小林よしのりである。

文句あるなら、わしを敵にする覚悟で言え!

 

もちろん野田幹事長の決断は本物の尊皇心だ!

天皇皇后両陛下と野田氏の間には感動するエピソードがある。

だが、それは言えないのだ。

両陛下に関することは公言できない個人的エピソードがある。

実はわしにだってそれがある。

だが、それは胸の奥にしまって、ただ恋闕の情を形にする

ために逆賊と戦うしかない!

古谷は、わしの努力にケチをつけた馬鹿野郎だ!

 

頭に来たから、「SAPIO」次号で一回『大東亜論』を休んで、

『ゴーマニズム宣言』を描く。

「ゴー宣道場」が何をやってきたか、全部は明かせないが、

その一端でも明かしておく必要がある。

説明責任というやつを果たそう。

 

いざとなれば、いつだって『ゴーマニズム宣言』を復活させて、

徹底的に論敵を傷つける悪魔になってやる!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ