ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.2.3 02:59日々の出来事

橋下羽鳥の番組に出たが・・


今朝の朝日新聞に佐伯啓志氏が「保護主義は本当に悪か」

という文章を寄せている。

全く賛同するのだが、「橋下羽鳥」の番組でグローバリズム、

自由貿易批判、保護主義擁護をしたら、橋下徹が全然受け

付けなかった。

あかんあかん、呼び捨てにしたらキレられる。

橋下徹さまだった。

 

橋下さまはトランプ大統領を擁護していると聞いていた

のだが、保護主義は共産主義と言い張るばかりで、

わしがインターナショナルな貿易ならいいと言っても、

理解できないようである。

 

「モノの考え方の名称」を用いると、レッテル貼りと言い、

政治家はそんなもの考えていない、一番適当な政策を

具体的に取るだけと主張する。

 

橋下さまの言い分では、一般人が政治家の政策を批判する

ことはできない。

政治家にならなければ批判できないと思ってるらしく、

残念ながらわしは政治家になる気はなく、評論家どころか、

漫画家である。

漫画家の批判なんか聞く耳もつはずがなかった。

 

だが、天皇の退位問題に踏み込めぬまま時間切れになり、

終わってしまったので、また出てくれと頼まれてはいる。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ