ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.2.5 00:34日々の出来事

馬鹿がインテリを気取る社会


『よしりん辻説法』のわしのペン入れは終わった。

 

SAPIO」『ゴーマニズム宣言』のシナリオを書き始めた。

「一代限りの特例法」をぶっ潰し、「皇室典範改正」の王道で

譲位を実現することが、天皇陛下への思いを叶えることになる。

 

それを実現させる主軸の政党は民進党である。

こと「天皇退位」問題について、民進党を批判することは、

小林よしのりを批判することと同じ!

 

しかもそれは天皇陛下を失望させることになる。

「一代限りの特例法」など、陛下に恥をかかせる暴挙である。

 

陛下のために戦ってくれている民進党をバッシングする

山口敬之、東谷暁、古谷経衡の愚劣さを晒してやらねば

ならない。

 

「真剣」にやってる者の覚悟がまったく分からない

カス野郎がこの世にはいるもので、突飛な言い回しや、

強引な揶揄、陰謀論などで、人の真剣さに泥を塗るこの種の

売文業者は、本来、切腹させるべきだとわしは思う。

 

「言論の自由」とは正義ではない。

明白な嘘・デマを書く者を処罰する刑法を作るべきだ。

しかし馬鹿がインテリを気取る社会って本当にうんざり

するなあ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ