ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.2.7 00:31日々の出来事

橋下徹、安倍晋三、辻元清美のこと


昨夜は「橋下羽鳥」の番組終了後、わしの個人ホームページ

が繋がらなくなった。

橋下徹氏は『戦争論』『台湾論』『沖縄論』まで口に出して

いたから、よほどわしの作品を読んでくれていたのだろう。

もっとフランクに話し合えば分かり合える部分が拡大して

いくのだろうと思う。

 

問題は安倍晋三だ。橋下氏は権力への未練があるから

安倍晋三と会うのだろうが、安倍も長くはない。

安倍には国家ビジョンがない。

トランプの脅しに大慌てで貢物持っていく軽はずみさ

といい、プーチンに完全に騙されている愚かさといい、

弱者のことを一顧だにしない冷徹さがあるのに、

外交では「お花畑」の信頼関係で仲良しになれると

信じている。

 

辻元清美との国会論戦で、日ロ交渉の幼稚さを暴露されて

いたが、実はあの論戦後に、自民党議員からも辻元氏は

称賛されていたのだ。

自民党内でも安倍のロシア外交が危ういと思っている

議員はいる。当たり前である。

 

マスコミは安倍のポチになってるから、「権力批判」の

使命をもう失っている。

アメリカにもロシアにも「カネ」さえ出せば国を救えると

信じている『おぼっちゃまくん』外交は相手国に足元を

見られるだけである。

 

辻元氏は弱者に優しい政治家であるにも関わらず、

最近は単なる護憲派の「お花畑」思想を脱して、防衛にも

外交にも強くなってきている。

実は安倍と対決するときは猛勉強をして、ものすごい

緊張感で臨み、対決終了後は激しく消耗して落ち込んで

いるのだ。

覚悟が安倍ぼっちゃんとは全然違う。

 

安倍の太鼓持ち議員や、自称保守言論人や、ネトウヨ、

提灯ライター、マスコミまで、いずれ分かるときが

来るだろう。

安倍のレガシーは何もない。

単なる朝敵であり、逆賊に過ぎなかったということを。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ