ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.2.12 21:00

2月の道場は大成功!

2月のゴー宣道場は大成功。

自分で言っているんだから間違いない。

と言うのは勝手な主観。

アンケートを読むと客観的に確信出来る。

何よりアンケートから伝わる熱気。

それもただの熱気ではない。

自分の頭で考え、自分の言葉で(ごく限られた時間の中で)
自分の思いを精一杯、書き込んで下さっている。

その内容のレベルの高さ。

私たちが伝えたかった大切なところを、
しっかり受け止めてくれている。

他人事ではなく、我が事として感じてくれている。

しかも(ひたすらマナジリを決しているのではなく)楽しく。

これこそ成功の証。

成功の最大の理由は何と言っても
ゲストのお2人の政治家の誠実さ

普通、衆議院議員の日曜日は選挙基盤の地元に張り付く。

まして今年の秋には総選挙があるだろうと噂されている。

票にもならない場所で正論を語っている場合ではない。

それが当たり前だ、と思っていた人は驚いただろう。

我々師範も、お2人に「お客様」感覚でなく、
“同志”
として議論することが出来た。

実は珍しいケース。

普通の言論人でもこうは行かない。

ましてや政治家なら尚更。

更に参加者の質問も、
ゲストのお2人の真摯さをきちんと受け止めて、
敬意を持ちつつ
、まさに公論の為に、忌憚の無い質問も出された。

その、ある種答えにくい質問にも、
お2人は誤魔化すことなく、
可能な限り真正面から答えて頂いた。

あれで、高森の受けないギャグさえなければ
満点だったのにと思われた方も
高森の冴えたギャグで満点以上に
なったと思われた方もいたに違い
ない
(恐らく後者が圧倒的多数だったと根拠もなく信じているが)

しかし、事柄は一回の道場の成功云々(うんぬん―安倍氏の為に)
ではない。

国会がどう動くか。

それに我々がどう働きかけることが出来るか。

まさに平成の国民の真価が問われている。

誰も気楽な「お客様」にはなれない。

後世に恥じない「戦い」が今、求められている。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ