ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.2.18 03:33政治

民進党の全議員に訴える!


民進党内で、皇室典範改正論が高まって、野田・高村会談

が中止に追い込まれたようだ。

大変良いことだ。

細野豪志議員と山尾志桜里議員が力になってくれているの

だろうし、多分、馬淵議員も力を発揮してくれているのだ

ろう。

津村啓介議員の勉強会にも、わしは行くことにしたから、

津村議員も野田幹事長が与党に日和らないように、見てて

くれ。

 

今朝の新聞では、野田幹事長は「党内の理解を得ながら

軟着陸したいのが本音」だと載っていた。

野田氏は人がいいから危ない。

安倍晋三には一度騙されているではないかと、わしと食事

したときに言っておいたのだが。

 

この問題を自民党と「水面下で」「密室で」決めてしまっ

たら、どえらい失望になる。

野田幹事長も「政争の具」にすることと、議論をしないと

いうことは違うと言ったではないか!

民進党の公式の動画でもそう言っている。

 

「ゴー宣道場」のアンケート回答1と2を、誰か野田氏に

プリントアウトして見せてやってほしい。

天皇を思う国民の肉声を感じるはずだ。

民進党への期待の大きさが分かるはずだ。

 

天皇陛下は国会でも、国民の間でも、議論をすることを

望まれている。

特例法で、一代限りなど、絶対に侮辱だと感じられるはず。

陛下は天皇制そのものについての議論を望まれている。

 

民進党は支持率の奴隷になる必要はない。

大義を貫けば、支持率はおのずと上がる。

天皇を守る大義だけは何が何でも貫いてくれ!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ