ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.2.21 23:45日々の出来事

楽観的な業務連絡


昨日は「SAPIO」の締め切りだった。

ライジングの配信は今日になる。

 

わしはすでに「FLASH」『よしりん辻説法』の作画に

入っている。

最近は主線を筆ペンでざっと入れてしまい、細かい線を

ペンで入れる手法をとっている。

筆ペンだとインクをつけたり、ペン先をふいたりしなくて

いいから、線を入れる速度が速くなる。そこがいい。

 

『よしりん辻説法』は来週火曜発売の「FLASH」に2作目

が掲載される。

こんなテーマで描いても、やっぱり面白くなるから、

小林よしのりって凄いねと感心する作品だ。

 

今描いてる3作目で、この作品、早くもノッてきたなと

自覚している。

『ゴー宣』と同じエッセイ漫画のはずが、政治ネタを

扱わない、主人公が丸ハゲ・三頭身・三枚目の

「大人のギャグ漫画」ということを意識して描くと、

決断主義の『ゴー宣』とはガラッと変わってしまう。

風化する政治ネタが素材ではないから、何年経っても

面白さは変わらない作品だ。

 

しかし来週は月曜日に『天皇論 平成29年』が発売され、

火曜日に「FLASH」『よしりん辻説法』2作目が発表され、

土曜日に「SAPIO」で久しぶりに『ゴーマニズム宣言』

が掲載される。

わしの作品発表ウィークだ。

 

そして4日土曜には『天皇論 平成29年』の大ヒットの

前祝いディナーを、スタッフで行う。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ