ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.2.24 08:23日々の出来事

「教育勅語」の意味を知らぬアナクロ親父を処罰せよ


安倍昭恵名誉校長の森友学園の児童たちは教育勅語を

暗唱させられている。

教育勅語の内容は、それほど悪いものではないが、

意味も分からぬ子供に一斉に暗唱させる姿を見れば、

やっぱり全体主義にしか見えない。

 

暗唱する子供たちを見て、喜んでいるのは、日本会議

などのアナクロニズムなオヤジどもである。

嗤ってしまうのは、籠池理事長らのアナクロオヤジたち

こそが、教育勅語の意味を理解していないという点だ。

 

「教育勅語」では、天皇の有徳と臣民の忠誠が

「国体の精華」であり、同時に「教育の淵源」である

と述べられている。

 

だが、安倍政権や、日本会議や、自称保守や、ネトウヨは、

「天皇は徳ではない。血統のみ、しかも男系血統のみ」

と言っている。

 

「公務」を全身全霊で行う天皇陛下の「徳」を、彼らは

必要ない、祭祀のみでいいと言う。

「天皇だって間違うときはある」と言い、平然と天皇に

叛逆し、「臣民の忠誠」などカケラもない。

まさに日本会議など自称保守こそが「教育勅語」の精神を

踏みにじっているのだ。

ああいう連中は、「不敬罪」で処罰するべきだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ