ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.2.26 04:02日々の出来事

言論や知性の状況


今日中に『おぼっちゃまくん』のコンテを上げたいが、

最後のオチがまだ考え付かない。

しかも絵を入れなければならないので、果たして今日、

完成できるか?

 

最近、わしの読者たちは右派系の言論誌に関心がなく

なっている。

カネ出してネトウヨ的なエセ愛国記事や、アナクロな

森友学園的記事を読みたくないと思うようだ。

 

だが、痛いことに右派系雑誌を買える余裕があるのは、

年寄りなのだ。

そこが雑誌作りをする者にとって悩ましいところだろう。

老人にウケる記事しか書けなくなるから、安倍政権讃美

になるし、民進党バッシングになる。

 

わしの読者は年齢層がまだ若くて、30代、40代が主流に

なっているから、保守を支持するが、アナクロではない。

そういう層を満足させる雑誌がなくなってしまった。

 

老人はいずれいなくなる。

目も悪くなって活字が読めなくなる。

新たな読者層を開拓せねば、将来がないと思うのだが、

そもそも文化を支える中間層が崩壊していている。

 

そして今の大学生の半分が月に1冊も本を読んでいない

そうだ。

大学に行って本を1冊も読まないなら、行く必要がない

んじゃないのか?

わしは本を読むためだけに大学に行ったから、貧血に

なるまで本を読んでいたものだが・・・

本を読まない大学生なんかのために、大学無償化なんて

絶対してはならないと思うようになった。

 

さらに若者は、本を読まず、新聞の読み方すら知らず、

ネットで情報を仕入れるから、思考が劣化するばかり

である。

嘆いてばかりもいられないから、わしが若者のレベルも

引き上げたいと思っているのだが。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ