ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.3.1 00:37日々の出来事

カネがかかるんだぜ


昨日収録した「橋下羽鳥」の番組で、森友学園の

国有地・激安払い下げ事件について、橋下徹氏が

説明責任を果たしていた。

 

来週放送で、金曜が情報解禁ということなので、

内容は明かせないが、橋下氏が「小林さんもブログで

書いていたが」と言って、一旦、関空に売った国有地を

「錯誤」のひとことで、国が買い戻して、森友学園に

8億円引きで売った件に触れていた。

 

「錯誤」の件は、泉美木蘭さんが書いたのだが、そこを

訂正する間もなく、議論が進んでしまった。

 

橋下氏が「ゴー宣道場」のブログで見たのか、

BLOGOS」の郷原氏の文章で読んだのか、

分からないが、土地の登記簿まで入手して、「錯誤」を

発見したのは泉美さんである。

 

そもそも「ゴー宣道場」のアクセス数は毎日15000人か、

20000人に近づく勢いで、まだ増えそうな気配もある。

 

わしがテレビに出るたびに、わしの個人サイトの方は、

ダウンしてしまうほどアクセスが集中してしまう。

個人サイトの方は「ゴー宣道場」の2倍近いアクセス数に

なっているので、負荷に耐える改革をしなければならない。

 

「ゴー宣道場」サイトも、マスコミ関係者や、海外からも

アクセスがあるので、現在の旧タイプのデザインでは、

ダメになってきた。

今年早いうちに、リニューアルしなければならない。

めっちゃカネがかかるが、仕方がないだろう。

 

今年は「ゴー宣道場」の福岡開催もあるし、カネを

使いまくっている。

注目度が高いから仕方がない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ