ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.3.3 22:00

ご譲位の行方

3月2日・3日、天皇陛下のご譲位を巡り、
衆参両院の正副議長が与野党の代表者を集めた全体会議。

この会議自体、民進党の野田幹事長が提案したもの。

そこでは、女性宮家の創設を含む皇位の安定的継承について
継続的に検討する
必要性で、全党の一致を見た。

菅内閣官房長官も「検討を先延ばしするべきではない」と明言した。

勿論、満点ではないが、評価すべき成果だ。

これは率直に言って、民進党の毅然たる姿勢があればこそ。

又、特例法“だけ”という、安倍政権が狙っていた選択肢も消えた。

更に、自民党の高村副総裁は
「『一代限り』というのは語弊がある。
将来の天皇の退位を否定しているものではありません」と言明。

譲歩の姿勢を見せている。

しかし「先例化」を織り込んでいるなら、
「恒久的なルール」が欠かせない。

でなければ、まさに「ルール無き先例化」に陥る。

どうしても典範本則の改正に行き着く他ない。

しかし与党側は、退位の要件の“1つ”に
「天皇のご意思」
を入れるのに難色を示し、
恒久制度化は困難としている。

だが何度も指摘しているように、これを全く除外したら、
“強制”
退位しか認めないという、皇位の尊厳を踏みにじる
仕組みにしか
ならない。

論外と言うべきだ。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ