ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.3.4 01:36皇統問題

『女性自身』記事、お元気そうな愛子さまに一安心

『天皇論 平成29年』
絶賛発売中です!

皇太子殿下お誕生日に公開された
ご家族映像の、愛子さまの激ヤセには
さすがに心配になりましたが、
女性自身3月14日号は、
公開映像撮影から10日後の、
登校中の愛子さまの
写真を掲載しました。

これを見ると、
顔型も自然さを回復されてきて、
遅刻ギリギリだったのかダッシュで
駆けていたという様子はお元気そうで、
ひとまず安心しました。

同記事には、ご成長に伴い、
自立心が芽生え、髪を切って、
拒食を断ち切ることができたのでは
ないかとの精神科医の分析も
載っています(香山リカですが)。

「愛子さま『拒食の日々』は
雅子さまへの反発だった!」
というタイトルにはちょっと
ぎょっとしましたが、
読んでみるとこれは思春期の子には
特有の、自立心の芽生えからくる
母親への反発のことでした。

週刊文春・新潮は

愛子さま激ヤセの件でも、
心配している体を装いながら、
雅子妃バッシングにつなげようと
しているのが見え見えでしたが、
それに比べれば、ずっと良質の記事です。

雅子妃バッシングが
いかに不当で非道なものだったか、
『天皇論 平成29年』で
ぜひお読みください!!

そして女性自身記事で注目したのは、
皇太子さまのご学友のこの言葉です。

「皇太子さまは中等科、高等科のころから、
自分が“将来の天皇”であることを
しっかりと自覚されていました。
 でも、ご療養中の雅子さまと
15歳の愛子さまには、まだ”戸惑い”が
あるのではないでしょうか。愛子さまの
”映像”を拝見すると、譲位によって
お立場が変わる可能性があることを知り、
その不安から食事ができなくなった
のではないかと、心が痛みます」

週刊文春・新潮は、
「皇太子には自覚がない」
などというデマはもうやめろ!!

そして、拒食の原因かどうかはともかく、
愛子さまの将来が定まっていないことは、
非常に残酷な仕打ちであることは
間違いありません。
国会議員がこの件について、
大至急取り組むことを望みます!
トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ