ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.3.9 02:21日々の出来事

民進党の野田幹事長はブレないよ


朝日新聞の今朝の報じ方によれば、全体会議で、野田幹事長が

「特例法の要件に、天皇の意思が盛り込まれるか?」と質問

していたから、民進党が特例法容認に転換したかのような

書き方をしている。

「今後は典範改正の書きぶりによって、特例法を容認できるか

どうか検討することになりそうだ」と書いている。

社民党も特例法容認を示唆したらしい。

 

だが、この朝日新聞の見かたは間違っている。

読売新聞も安倍政権寄りだから、特例法で済ませるための

世論誘導を行っているので、信用しない方がいい。

 

山尾志桜里氏から電話があったが、野田幹事長はすでに

完璧に理論武装していて、自信を持ってるらしい。

全体会議をリードしているのも野田幹事長だという。

 

交渉の中の一部の言葉を取り上げて、新聞各社が、民進党が

妥協しそうだと報道するのは「世論誘導」だろう。

読売・産経は安倍政権の広報紙だから、初めから眉に唾つけて

読むのが常識だが、朝日新聞も権力に弱い。

 

記者の中にも、「退位させればそれでいい」くらいの安易な

考えしか持っていない者が多いのだろう。

 

しかし高村氏の「付則に皇室典範そのものと特例法の一体性

を示す文言を入れる」というのは論理矛盾が甚だしい。

だったら素直に皇室典範の本則に退位のルールを書き込めば

いいだろうが!

 

まっすぐ身体を伸ばすのを嫌がるあまり、くねくね逃げ回っ

て自分の身体が絡まってしまった蛇みたいだな。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ