ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.3.9 03:02日々の出来事

国有地を私物化して、プレゼントするな!


森友学園の小学校を認可するべきではないと、わしは考えるが、

そう言うと産経新聞のアナクロ極右記者・阿比留瑠比は、

ではなぜ朝鮮学校に認可を下ろしていると言い出す。

橋下徹氏も朝鮮学校の件を持ち出して「相対化」を図っていた。

 

だが、こういう「相対主義」は無意味である。

わしは森友学園も朝鮮学校も、教育が政治的に偏向しすぎて

いるのなら、どっちも認可すべきではないと考えるからだ。

 

ましてや、賄賂を使ったり、嘘の肩書き使ったり、子供を虐待

したり、補助金詐欺をしている詐欺師の小学校など、認可して

いいはずがない。

 

詐欺師の片棒を担いだ安倍夫人にも道義的責任は当然ある。

あんな所で講演したすべての識者に道義的責任がある。

 

ましてや森友学園が問題なのは、「首相が国有地を私物化して、

権力を悪用して、知人や友人にタダ同然でプレゼントしている」

という疑惑があるからだ。

これは権力の大腐敗の疑惑があるから、重大問題なのである。

 

首相の犯罪ではないと言うのなら、国会で関係者を参考人招致

して、疑いを晴らしてほしい。

参考人招致から逃げ回っていたら、首相の犯罪確定という

認識になってしまう。

 

阿比留は北朝鮮の脅威があるときに、首相の犯罪なんか追及

するなと言うが、馬鹿馬鹿しい。悪は悪じゃい!

北朝鮮がミサイル4発ぶっ放しても、首相のやれることは

たかが知れている。

トランプに電話して、「助けてね」と頼むだけじゃないか。

アホでもできる。

 

「公」と「私」の区別がつかない首相なんか信用できない。

参考人招致して、疑惑を晴らせ!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ