ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.3.11 02:59日々の出来事

権力の国民騙しのトリックを見抜け


天皇退位問題で、民進党の野田幹事長は、安倍晋三に

フリーハンドを渡さないように、ぎりぎりの交渉をしている。

新聞記者はそこを読み取る能力がないから、仕方がない。

 

安倍政権は支持率が落ちる要素を必死で摘み取ろうと画策

している。

だからつじつまが合わないことばかり出てくる。

南スーダンからの撤退も、「戦闘状態」ではないなら、

まだ自衛隊の活動の必要性はいくらでもあっただろうが、

撤退理由を「戦闘状態だから危険」とする訳にはいかない。

「衝突状態」と言って来たのだから。

 

自衛隊の撤退は良いことだが、そこに誤魔化されては

権力の思いのままの愚民となる。

 

撤退の本当の理由は、「国有地・口利き疑惑」の幕引きを

誘導するためだ。

 

籠池が理事長を退任するというのも、裏から政府が手を

回した可能性がある。

一旦、身を引いて、ほとぼりが冷めるのを待て、そして

再チャレンジしろと。

 

安倍政権は支持率が下がりそうな要素をすべて除去して

しまう作戦だろう。

 

だが、言っておくが、「アッキード事件」は、森友学園

を潰すのが目的ではない。

権力者が「口利き」でタテ割り行政の官僚を次々に

連携させ、国有地をタダ同然で資金力ゼロの民間人に

譲渡した疑惑を解明するのが目的である!

 

権力が国民を騙して、国民の財産を勝手に処分する。

これを防ぐのが肝だ!

愛国者ならこんな権力の腐敗を許すはずがない。

権力の誤魔化しは絶対に見抜かなければならない!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ