ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.3.15 03:44日々の出来事

「嘘の戦争」は続いている


「嘘の戦争」が終わってしまった。面白いドラマだった。

草彅君、顔が個性的で、演技上手いわ。

山本美月、美しかった。ファンになった。

 

籠池理事長の外国人記者団の会見が急きょ延期というのは、

政権からの圧力が尋常ではないのだろう。

この圧力そのものの実態も、誰かジャーナリストが暴いて

くれないものだろうか?

一週間で「口裏合わせ」ができるか否か?

籠池は権力と戦うしかあるまいに。

 

森友学園の疑惑で、一番の嘘つきは誰なのか?

官僚の「忖度」の競い合いだけで、すべてが籠池の思いの

ままの風が吹くはずがない。

わしは安倍首相を疑っている。

安倍首相が無実なら、籠池や官僚や松井知事を証人喚問

すればいいだけのことだ。

証人喚問を固くなに拒否するのは、安倍首相の嘘を隠す

ためであるとしか思えない。

 

政府は14日、「昭恵夫人は私人」だと閣議決定したそうだ。

とてつもない幼稚さである。

「公務員」と「公人」は違う。

小林よしのりは「公務員」ではないが、「公人」だろう。

「私人」が「公の場」に出て、顔を晒して「公的な話」や

「公的な行動」をするわけがない。

「僕ちゃんの妻を守って!」「妻は私人に過ぎないから、

社会的な責任から逃れられるように、閣議決定して!」

よくこんな幼稚な訴えに、他の大臣も付き合ったものだ。

園児ちゃんとして、森友学園に入って、虐待されろ!

 

稲田朋美はサイコパス的な嘘つきだな。

あれほどの断固とした嘘を、普通の日本人ならつけるわけ

がない。

「ゴー宣道場」でも、皇統問題で高森明勅氏を呼ぶと断言

したくせに呼ばなかった。

その場その場を納得させて人気を取るために、実に軽々と

嘘をつくタイプの人間だ。

この世は「嘘の戦争」だらけだな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ