ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.3.15 06:05その他ニュース

森友学園「日本人はまじりっけのない民族」に仰天!

昨日配信の
「小林よしのりライジング」Vol.216
『ゴーマニズム宣言』では、
塚本幼稚園で園児たちに
ナチスばりの純血主義で
「日本民族」を謳う民族主義教育が
行われていることを批判しています。

これに寄せられた感想を
ご紹介します!

ゴー宣の読者でいることの面白さのひとつは、
ゴー宣によっての「学び」ももちろんある
のですが、それだけじゃないところですね。
時代や読者とともに進化していく
ゴー宣および小林よしのりを、
リアルタイムで感じることができる
ことではないでしょうか。
まさにその醍醐味を味わえた
今号のゴー宣だったと思います。

私は比較的都心部に近いところに
住んでおり、うちの娘は今年14歳に
なりますが、保育園児の頃から
当たり前のように同級生には
ハーフ(便宜上この言葉を使います)や
外国人が一定数いました
(もちろんみんな話す言葉は日本語です)。
小学生のときも、中学生になった今もです。
それが原因でのいじめとか、問題が
起こったなんて話はまず聞いたことが
ありません。たぶん彼らにとって、
それがずっと“ふつう”のことだった
からでしょうね。
ついでに書けば、男子と女子の優劣が
どうのこうのなんて話もまず聞きません。
もうね、一部の大人が時代や子供に
置いていかれちゃってるんですよ。

ちなみに私も、ゴー宣にありましたように
今後もっとハーフは増えると思っています。
これからますます世の中は勝ち組と貧乏人の
二極化が予想されるわけで、
同じ貧乏人なら、傷つきたくないから、
面倒くさいからとか言って、女ひとり
ろくに口説けなかったり、人との繋がりは
オンラインでだけとしか思えないような
ネットに埋没し、色々な意味で蛸壺化して
しまってる日本人男性がいる一方、
めげなくて情熱的でハングリーな
外国人男性がいるのなら、そりゃあ
女は後者を選ぶんじゃないかしら。
「大人しい」と「優しさ」は
まったく違うものなわけだしね。

少し前に、森友学園とやらのHPを
チラ見したところ、
こんな文言が目に入ってきました。
「日本人は世界で
最もまじりっけのない民族です」

まじりっけ!(笑)
 これにはほんとうにびっくらこきました。
なんで「まじっりっけ」のないことを
それだけ誇らしく感じることができるのか、
その理由の見当がさっぱりつかなくて
意味不明としか言いようがありません。
日本が日本でなくなる心配をしているから
なのかどうか知りませんが、自分が
「まじりっけのない」日本人であること
以外のアイデンティティをどうやら
持ち合わせていなさそうな、
アナクロニズムやレイシズムに
嵌っている人たちに言いたい。

日本が日本でなくなるとしたら、
それは在日含めた外国人やハーフが
増えることが理由じゃない。
グローバリズムによって国柄が
破壊されていってしまう
(しまっている)ことです。

つまり、あなた方の矛先は間違っている
どころか、その原因はあなた方が
支持している為政者たちや、
言ってみれば自分自身の中にあるという
ことに一刻も早く気づいてほしいですね。
人間は変われる生きものだし、
それは決して恥ずかしいことではない
わけで、むしろそういうところこそ
誇ってほしいです。
(リボンの騎士さん)



男尊女卑の男が
「たまたま男に生まれた」
ことしか誇れるものがないのと同じように、
たまたま自分がまじりっけのない(!)
日本人に生まれたという、
本人の意思も努力も能力も
なーんも必要としないこと以外に
誇れることがない、「日本民族」の人たち。
これこそ、本当に恥ずかしい
としか思えません。
トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ