ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.3.17 00:44日々の出来事

民進党に最後までこだわってほしいこと


昨日、築地からの帰りの車中で、民進党の細野豪志議員から

電話があった。

17日が天皇退位問題の与野党全体会議で、昨日は民進党内の

意思統一を図る集会だったらしい。

 

その集会の直前に、細野氏が電話でわしの意思を確認して

くれたのはありがたかった。

わしは女性宮家創設を含む皇位継承の安定化を「1年以内」

に実現させるための方法論を伝えた。

細野氏はその通りに発言すると約束してくれた。

 

与野党合意については、明日土曜日、午後9時から、

ライジングの生放送枠で、高森、倉持、わしの3人で、

報告・分析する。

 

野党の中で、共産党と、社民党が、いち早く与党に配慮して

特例法を容認してしまった。

これで民進党が孤立したなどと報道で伝えられた。

 

驚いたのは自由党だ。

最後まで「皇室典範の本則に書くべし」「特例法は陛下の

気持ちを忖度してない」と突っ張った。

小沢一郎がわしとの信義を守ろうとしたのかもしれない。

だとしたら、ますます小沢一郎の印象が好転してしまうな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ