ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.3.23 11:12日々の出来事

籠池には命の危険があるから警察は守れ


『よしりん辻説法』のペン入れをやりながら、国会の証人喚問

を聞いた。これは面白かった。

だが外国特派員協会の質問がつまらなくて、たまらん。

 

ひとつ警告しておくが、森友学園のHPに天皇が訪ねたという

嘘が載ってたらしいが、それを過剰に問題にするのは危険だ。

この男は不敬な奴だというイメージ操作をしていると、

籠池が刺されるかもしれない。

殺人教唆をしているのではないかと、わしは疑う。

 

天皇に対する侮辱なら、現在の「男系保守派」の方が酷い。

天皇退位問題でも、陛下の気持ちを完全に無視して、「摂政に

しろ」と言ったり、「特例法でいい」と言ったり、「男系しか

許さない」と言ったり、極限の不敬を行なっている。

 

宮さま詐欺のような商売をしていた奴だっているのだ。

 

籠池は嘘つきだが、嘘しかつかない男ではない。

自公や維新が「この男は嘘つきだから何も信じるな」という

イメージ操作をしても、無駄だ。

安倍昭恵の方が嘘つきだから、証人喚問に応じないと、

多くの人々が思っているだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ