ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.3.25 13:03日々の出来事

「橋下羽鳥」の番組に出て思う


今日は「橋下羽鳥」の番組収録だった。

わしは社会的責任を取らない安倍昭恵のことが大嫌いなので、

ネットの生放送で言ってる批判の100分の1くらい言って

しまったかもしれない。

名誉棄損になるとスタジオが色めき立ったが、どうぞそのまま

放送してほしい。

訴えてきたら徹底的に戦う覚悟がある。

 

しかし地上波では自然に自主規制してるのだが、あれしきの

批判でなんで驚くのかさっぱり分からない。

平井理央さんも「一私人」という見方に異議を唱えていたが、

女性もそう見るかと思って意を強くした。

月曜日放送だからぜひ見てくれ。

 

橋下徹はわしと考えが違うのだが、どうしても嫌いになれない。

基本的に公明正大で、悪いことはしない人間のような気がする。

ただ、権力者の側にいるから、注意しておかなければならない。

特に安倍晋三とは近い男だから、警戒を怠ってはならない。

 

Yahoo!ニュースで松井一郎知事が言っていた「忖度」こそ

が民主主義という考えは違うと思う。

いずれ分かりやすく説明しなければならない。

 

しかし籠池のおっさんを証人喚問して、悪人の印象操作に終始

した自民党の邪悪さには反吐が出る。

まさに籠池の言う通り、トカゲの尻尾切りで幕引きを図ろうと

しただけだ。

 

国有地の8億円の値下げは妥当という見方には疑問がある。

羽鳥氏の「モーニングショー」で深掘りしてもらえないだ

ろうか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ