ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.3.27 07:41日々の出来事

道徳でパン屋は和菓子屋に直される劣化した愛国心


小学校の道徳の教科書から「パン屋」は「和菓子屋」に改めら

れるという。

パン屋では愛国心が少ないからだそうだ。バカバカしい。

 

木村屋のあんパンや、ジャムパンや、クリームパンなど、

いろんなパンが日本製だろう。

外国から入ってきたパンも日本的にアレンジして発展している。

 

愛国心や郷土愛を道徳で教えるとなると、パン屋は愛国的では

ないと判断されるのだから、日本人はバランス感覚が相当悪い。

 

以前は自虐史観が教科書にはびこって、日本人は悪の歴史しか

なかったように教え込まれ、今は道徳で愛国心を促すとなって

パン屋がダメなんて言い出す。

愛国心は道徳で教えるものなのかも疑問だが、日本人はいつも

極端から極端だ。

 

現在は安倍政権から日本会議から読売・産経からネトウヨまで、

劣化した愛国心が蔓延して、とうとう森友学園の教育勅語暗唱

にまで行きついてしまった。

 

教育勅語は明治憲法が立憲主義で、道徳を憲法に書けないことを

明治人が知っていたからこそ、天皇が考えられた言葉だ。

極端な西洋化に民心が揺らいだ時代だからこそ天皇が発せられた

言葉であり、あくまでも命令ではない。

左翼の解釈も間違っているが、劣化した右派愛国者の解釈も

間違っているから、めんどくさいので今は黙っておく。

 

皇統の男系固執主義といい、とにかく保守を自称している者たちの

劣化が目に余る。

もううんざりだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ