ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.3.28 02:30日々の出来事

アッキード事件を誤魔化したい権力の犬たち


いやはや泉美さんの年表とライジングの原稿が凄い。

「そろそろ年表があるといいよね。いや、わしが欲しいんだけどさ」

と言ったら、全力で年表作成に取り組んでくれた。

これは頭の中を整理するのに役立つ。

 

安倍政権・自民党・公明党が現在、「安倍夫妻の権力の私物化」を、

必死に隠蔽しようとしている。

最近は「首相も国会議員も辞める」なんてことを安倍首相は言うべき

ではなかったという「泣き言」を言っている。

あんなことを言うから、野党が勢いづくと、啖呵を切ったことだけが

安倍首相の失敗だと、問題を矮小化している。

 

野党が与党の権力を奪おうとするのは自然なことだし、悪いことでは

ない。

だが、野党の使命は権力奪取だけではない。

権力の腐敗を防ぐという使命もある。

安倍夫妻による「国家システムの私物化」を、徹底追及しなければ

野党の存在意義はない。

 

もう一つ流行りだした自称保守(安倍真理教)の詭弁は、

「森友問題は大した話ではない。しょーもない問題だ。国会で

論じるべきは北朝鮮・中国・トランプ政権など、もっと大きな問題

がある。貴重な時間を無駄に費やしてはならない」という尊大な

「逃げ口上」である。

 

この「逃げ口上」は、森友疑獄は「アッキード事件」であり、

このまま野党や国民の追及を許せば、安倍晋三が国会議員を辞めな

ければならなくなると、もう自称保守派が直感しているからだ。

 

100万円の寄付金はあった。

だからこそ安倍昭恵の証人喚問が実現すれば、昭恵夫人は偽証罪に

問われ、逮捕されることになる。

そうなったら安倍晋三が首相を続けるのは不可能。

ゆえに自称保守派は「権力者の隠ぺい工作」に協力する「不正義」

を選んだ。これが実態である。

 

「不正義」から国民の目をそらす正義の危険性を知らなければ

ならない。特にジャーナリストたちは。

独裁政権によるホロコーストから目を背けた国民の歴史がある

ことを我々は学んでいる。

果たして我々はこの知識を活かすことができるだろうか?

 

暴走する権力の腐敗は、なんと「自分探し」の妻に現れていた。

まさに愛国無罪の劣化保守こそが「自分探し」の終着点だった

のである。

 

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ