ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.3.31 06:48日々の出来事

『ゴー宣』コンテ2本目、完成


ばんざーい!「SAPIO」『ゴーマニズム宣言』の2本目の

コンテがやっと上がった。

難しかった。シナリオで書いているものを、コマを割って

漫画にするのはものすごく難しい。

特に法律に関することは、読者に理解させるのは至難の

業である。

 

今回の天皇退位に関する「特例法」の意味、国会合意の

意味など、国民のほとんどが分かってるはずがない。

だから「退位できて良かった良かった」としか思ってない。

 

そもそも安倍晋三が「劣化愛国コネクション」のボスだから、

天皇制のことなど何も知らないし、自分探しの昭恵夫人が、

「男系主義者」だし、安倍政権の議員がさっぱり分かって

ないし、自民党議員が無知の権化だし、有識者会議も知識が

ない。

内閣法制局までが宮沢憲法学だから、悲惨な状態なのだ。

 

それを状況と共に、法律まで、どうやって分からせるのか、

苦労したがなんとか描きあがった。

だが、「SAPIO」の読者が、安倍政権支持者ばかりの

「劣化愛国コネクション」の者ばかりなら、どんなに親切に

描いたって分かるわけがない。

民進党の名を出したら、パブロフの犬みたいに、反感しか

示さない馬鹿では、もうわしも描き甲斐がないのである。

 

それでも「公」のために、描くしかないから全身全霊で

コンテを描いてみた。

あとは知らんわ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ