ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.4.4 03:11日々の出来事

谷査恵子氏の人権を蹂躙する昭恵と権力


羽鳥慎一の「モーニングショー」は「アッキード事件」を

今朝もやっていた。

大変立派な報道姿勢だ。

夜の報道番組よりも意義があるジャーナリスト魂だ。

 

昭恵夫人は谷査恵子氏一人に責任を「追わせる」つもりは

ないと言っている。(追わせるは「負わせる」の間違い)

ならば証人喚問に出るべきだし、どうしても全部真実が

話せず、一部嘘をつきたいなら、記者会見で谷査恵子氏の

弁護をすべきだろう。

神様は見ている。

安倍昭恵の罪の深さをお許しにはならないだろう。

必ず地獄に堕ちる。

 

政府は昭恵夫人だけでなく、谷査恵子氏まで、謹慎処分に

して、出勤も出来ないようにしている。

これは明らかに権力による人権侵害である。

ここは野党諸君が国会で追及するべきではないか?

恐ろしい独裁政権だ。

 

安倍晋三は、谷査恵子氏に対して、今、謹慎処分に耐えて

くれたら、後に出世させてあげるとか、約束しているの

ではないか?

だが、出世しても、谷査恵子という官僚が独断で詐欺的な

学園に便宜を図ったという汚名は被らなければならない。

 

首相夫人の指令を忠実に守っただけで、谷査恵子氏は冤罪を

着せられて生きるのだ。

安倍昭恵・安倍首相の罪は果てしなく大きい。

「祈ります」で済ませられることではない。

 

自分を純粋無垢な博愛主義者と思い込んでいるのだろうが、

それは一女性の人権を踏みにじっての自己保身に過ぎない。

安倍晋三・昭恵、罪を罪と意識できない、偽善者こそが、

この世の最もたちの悪い悪魔である。

この悪魔が国民に災いをもたらさないことを「祈ります」。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ