ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.4.5 05:50日々の出来事

教育勅語は自称保守には相応しくない


まったく不思議である。

教育勅語に「一旦緩急あれば義勇公に奉じ、以て天壌無窮の

皇運を扶養すべし」という文章があり、左翼リベラルは

この点を一番問題にする。

 

わしはこの部分を特段、危険とも思っていないが、では、

右派・自称保守が、この部分を守る気があるかと言えば、

現に守ってない。

 

側室なき男系主義では皇統が絶えるという事態は「一旦緩急

あれば」に匹敵するはずだが、彼らは自らの「義勇」

「公」(天皇)に奉じているだろうか?

全然奉じていない。

 

右派は、むしろ「公」(天皇)に叛逆している!

 

わしは己の義勇を天皇に奉じている。

そして「天壌無窮の皇運を扶養」すべく戦っている。

 

だが、男系固執の右派連中は、「天壌無窮の皇運を」絶やそう

としている。

もし、男系に固執することが「天壌無窮の皇運を扶養」する

ことだと信じるなら、旧宮家系・国民男子を発見して、

記者会見するはずである。

そのための皇室典範改正を唱えるはずである。

だが、彼らは何もしない。

 

実は右派は、教育勅語を守りたいとも思っていない。

戦前の風習を守ることが保守だと、大きな大きな勘違いを

しているだけなのだ。

実にバカバカしい。

 

右派・自称保守の中の何人が教育勅語を暗唱しているか?

彼らは教育勅語を暗唱する気もなければ、守る気もない。

そもそも道徳を守りたいなら、「アッキード事件」の不道徳に

目をつぶるはずがない。

権力は何をやっても許される、説明責任を果たさず、資料を

隠していれば、必ず事件は風化する、そういう不道徳を啓蒙

しているのが、右派・自称保守の連中なのだ。

教育勅語は彼らには全然ふさわしくないのである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ