ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.4.14 04:27政治

民進党の幹部は、地方の議員の苦悩が分かるか?


民進党が激震続きで情けないことだ。

細野豪志氏が憲法改正案を出したことは建設的で悪いこと

じゃない。

それを批判するのは左翼すぎる。

 

問題は自民党を利することばかりになってることだ。

支持率がまた下がるぞ。

 

そもそも地方の末端の民進党議員がどんな思いでいるか、

幹部連中は分かっているのだろうか?

「九州ゴー宣道場」に民進党の市会議員が来ていたが、

「民進党はダメ」「民進党はダメ」「民進党はダメ」と

レッテルを貼られてばかりで、気が重く、仲間たちの

士気がダダ下がりだと嘆いていたぞ。

 

自民党議員から勧誘を受けるそうだ。

だが、道義を重んじる人物で、それはできないと踏み

とどまっていた。

 

「ゴー宣道場」に参加して、天皇退位問題での民進党の

活躍を知って、励まされたと言っていた。

こういう地方の議員の士気に関わるようなことを幹部

たちはやっている意識はあるか?

 

今の国民は馬鹿だから、独裁が好きな奴ばっかりだ。

いっそのこと民進党を解党して、自民党の独裁政権を

盤石にしてみるか?

 

民進党議員は自分たちに課された役割の重大さを意識

しているか?

今この時、辞めた奴なんか、わしは信用しない。

細野議員も絶対辞めてはダメだぞ!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ