ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.4.28 23:00

国民の慎み

ご譲位を巡る昨年以来の様々な言説の中で、
印象に残っているのが、
憲法学者の木村草太氏の以下のような発言だ。

8月の天皇陛下のお言葉を聞いて、
国民統合の象徴として、
人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うこと』
を大切にしてきたという
高い倫理観に、尊敬の念を覚えた。
しかし同時に、不安も感じた。
国民の側から、
後代の天皇にそうした高い倫理観を
期待するようなことになれば、
天皇にとってあまりにも過大な負担となる。
象徴天皇を維持したいのであれば、
政治家は天皇の政治利用をしてはならない。
国民も過度な期待を押し付けてはいけない。
そうした慎みが不可欠だろう」

これは大切な指摘だ。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ