ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.5.3 11:19

安倍首相は最大の護憲派

安倍首相が憲法改正を呼び掛けた。

と思ったら、焦点の9条「護持」論だった。

9条の1項、2項は維持し、
ただ「自衛隊」について条文を追加するという。

これは最強の護憲論だ。

そもそも何故、憲法の改正が必要なのか。

日本の「自立」の為に他ならない。

その為には「一人前」の軍隊を持つ必要がある。

「戦力」未満の自衛隊のままでは、
いつまでもアメリカの軍事力に依存せざるを得ない。
国家の存立そのものをアメリカに依存している限り、
対米従属を脱却するのは不可能。
永遠に日本の自立はあり得ない。
だから、9条(特に2項)を改正して、
一人前の「軍隊」
を保持できるようにする。
それが憲法改正の核心だ。

ところが、肝心の9条(特に2項)に一切、
手をつけず、「戦力」
未満の自衛隊を追認する規定を、
新しく追加するという(
9条3項か)。

もしそれが実現したら、
9条(特に2項)改正へのモチベーションは
決定的に削がれてしまうに違いない。

最強最悪の護憲論だ。

しかも、
そのことに気付かない人々の方が遥かに多いだろう。

真剣に憲法改正を願う人々は、
この最も悪質な「護憲」
の策動に
真正面から対決しなければならない。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ